温泉に行く前に知っておきたいチェックポイント!

温泉にはお湯の供給方法に違いがある!

日本全国に沢山ある温泉ですが、その形態には幾つかの種類があるので、予約前にチェックしておきたいポイントと言えます。最も貴重な温泉なのは、ずばり源泉かけ流しタイプです。地中から湧き出たお湯に何も手を加えず湯船にため、浴槽から溢れた分はそのまま捨ててしまう状態のことを示しています。
こう聞いた時に「それ以外に温泉ってあるの?」と首をかしげてしまう人がいるかもしれません。伝統的な温泉を想像する場合は、確かにかけ流し以外はあり得ないでしょう。しかし現代においては、技術の発展によって生まれた複数の温泉タイプが存在します。例えば、それまではお湯を運べなかった遠隔地でも、配管を通じてお湯を供給できるようになったようなケースもあれば、時の経過と共に湯量が減少し始めたといった問題により、かけ流しを諦めざる得なかったケースなども見られます。

源泉かけ流しの温泉と、それ以外の温泉?

源泉かけ流し以外のタイプとしては、源泉が熱すぎて危険なために水を加える加水式、反対にお湯の温度を保つことが難しいために温めなおす加温式、限られたお湯を無駄なく使うための循環式などがあげられます。特に循環式の場合はお湯を繰り返し使うことになるため、必要に応じて消毒などを行っていることもあるでしょう。
最も天然の状態に近いのは、当然ながら源泉かけ流しの温泉です。2000年に入ってから温泉法が見直されたため、こういった表記については厳格に表示することが義務付けられています。温泉の成分にこだわる旅行などを計画している場合は、まずはそのタイプについてチェックしておきましょう。

フラマイレーツを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です