大涌谷の黒玉子はなぜ黒い?ここだけの味を楽しもう

大涌谷は大地の動きを感じられる場所

今から約3000年前に箱根火山が噴火。山崩れが起こり、地表を火山の堆積物が覆いました。さらに約2900年前にも火山が噴火し、火山砕屑物が積もり、冠ヶ岳ができました。大涌谷は、この二つの火山噴火によりできた小さな山と山の間を指します。大涌谷周辺は現在も火山活動が続いており、場所によっては常に白い煙が立ち込めています。この火山活動によって生まれた地熱は発電に使われ、温泉も周辺施設に運ばれています。大涌谷は箱根の温泉の源となる場所なのです。

“大涌谷の黒玉子はなぜ黒い?ここだけの味を楽しもう” の続きを読む

国内旅行に出かける人ってどれくらい?どこに行くの?

短期の旅行に行く人は増えている

いったいどれくらいの人が国内旅行に行っているのか、大体どれくらいの日程で旅行をしているのかが、気になったことはありませんか。気になったときには調べてみることが一番の解決方法です。
旅行会社が調べた統計によると、昨今では1シーズンに2千万以上の人が国内旅行に出かけ、その中でも1泊2日の自家用車、あるいはカーシェアリング、レンタカーなどを利用して、個人的な空間を快適に過ごしながら出かけられる旅行に対して人気が高まっています。
また、単純なセダンやスポーツカーではなく、キャンピングカーでオートキャンプ場に宿泊し、プライバシーを守りながら快適に宿泊できるプランを選択する人も増えてきました。電車やバスを利用せずに好きなところで宿泊できるところがメリットです。

“国内旅行に出かける人ってどれくらい?どこに行くの?” の続きを読む

国立公園内に行く事が出来るバスツアーの魅力は何か

環境規制が厳しいエリアにも乗り換えなしで行けます

バスツアーは、食べる事をメインにした商品だけではなく、有名観光地を訪問する事に特化しているケースもあります。国立公園として全国的に有名な上高地・富士山五合目・尾瀬に向かう夏季のツアーは、マイカーで行く事が出来ない商品になっていて、途中乗り換えをしないで済む事がほとんどで、移動で不便を感じる事はありません。なお、尾瀬ツアーに関しては、定員が多いとマイクロバスに乗り換える事があるので、申し込み時に確認をしておきましょう。

上高地・尾瀬に向かうプランは、トレッキングや登山をする事が可能であり、上高地は昼前後に到着するので河童橋・散策路・昼食を楽しむ事が出来ます。尾瀬滞在プランは、日帰り・山小屋宿泊のいずれかを選ぶ事が出来る事から、多くのエリアを訪問したい場合は泊まりプランを選んで満喫するのが良いでしょう。

“国立公園内に行く事が出来るバスツアーの魅力は何か” の続きを読む

自然を楽しみたい人は注目!日本の大自然観光スポットを知ろう

青森県の世界遺産を体験しよう

青森県には日本初の自然世界遺産として登録されている白神山地があります。ここは秋田県の北西部にある森で屋久島と並んで有名な場所です。人の手はほとんど加えられていない場所で、幻想的なブナ林地帯を見ることができます。春から夏にかけて特に観光客が多くなるシーズンで、世界中から旅行客がくるスポットです。本格的な登山コースも用意されているので登山好きな方にもおすすめと言えるでしょう。散策コースも用意、自然環境を手軽に体験したいときに利用できます。マザーツリーと呼ばれる樹齢400年のブナ巨木や白神山地を眺望できるコースもあるので注目です。

登山コースは自然観察歩道やマテ山コース、十二湖コースと豊富に用意されています。白神山地には映像体験ホールで自然を見れるビジターセンターもあるのですが、ここでは白神山地の魅力について紹介してくれるのが特徴です。大迫力のプロジェクターで白神山地の四季の映像を堪能できます。

“自然を楽しみたい人は注目!日本の大自然観光スポットを知ろう” の続きを読む

冬に最高のスポット!絶景を見れる国内旅行を紹介

小樽ゆき物語がロマンチック

冬場になると小樽では小樽ゆき物語と呼ばれるイベントを行っています。これは雪と灯火により幻想的な風景が魅力のイベントで街中ライトアップされるのが特徴です。観光地として有名な場所もロマンチックなムードになるのでデートスポットに最適と言えるでしょう。青の運河や琥珀色の夢、小樽キャンドルバーと数多くのイベントが用意されています。ワイングラスタワーや冬のナイトツアーもあるので長い期間楽しめるのが魅力です。1月1日からは雪だるま大作戦といったイベントもあるので年をまたいで楽しめます。

特定のお店で利用できるゆき物語パスポートと呼ばれるものが用意されていて、これは独自の特典を受ける事が可能です。観光スポットやグルメ店も含まれているので旅行には最適と言えるでしょう。はがきでスタンプラリーも開催、集めたスタンプ数により懸賞に応募できるのが特徴です。

“冬に最高のスポット!絶景を見れる国内旅行を紹介” の続きを読む

添乗員が同乗するバスツアーを楽しみましょう

日帰りで楽しむバスツアー

バスツアーは、大変魅力的な商品が多く存在していますが、初めてバスツアーに参加する場合におすすめなのが添乗員が同乗する商品です。添乗員同乗のツアーは、席の割り振り・スケジュール案内・施設の使い方などを細かく説明してくれるだけではなく、運転中のドライバーに言いにくいトイレや体調不良に関しても相談出来るメリットがあります。仮にトイレに急に行きたくなった場合は、添乗員に相談すれば最寄りのサービスエリア・コンビニエンスストアなどに寄るので、トイレが近い方であっても不安にならずに乗る事が出来ます。

都心発日帰りバスツアーのスケジュールは、午前9時台・10時台に新宿などのターミナル駅近くを出発し、昼食を取ってから複数の観光施設を巡ります。関東郊外でフルーツを味わう事がメインのツアーは、昼食を終えた後に30〜60分程度のフルーツ狩りを楽しむスケジュールになっているので、昼食がバイキングになっているツアーを使う際は食べすぎに気を付けて下さい。多くのツアーは、その前後の観光施設で野菜の詰め放題・ご当地グルメの加工品などがお土産でもらえる事から、ツアー特典に注目してみるのもおすすめです。

“添乗員が同乗するバスツアーを楽しみましょう” の続きを読む

温泉に行く前に知っておきたいチェックポイント!

温泉にはお湯の供給方法に違いがある!

日本全国に沢山ある温泉ですが、その形態には幾つかの種類があるので、予約前にチェックしておきたいポイントと言えます。最も貴重な温泉なのは、ずばり源泉かけ流しタイプです。地中から湧き出たお湯に何も手を加えず湯船にため、浴槽から溢れた分はそのまま捨ててしまう状態のことを示しています。
こう聞いた時に「それ以外に温泉ってあるの?」と首をかしげてしまう人がいるかもしれません。伝統的な温泉を想像する場合は、確かにかけ流し以外はあり得ないでしょう。しかし現代においては、技術の発展によって生まれた複数の温泉タイプが存在します。例えば、それまではお湯を運べなかった遠隔地でも、配管を通じてお湯を供給できるようになったようなケースもあれば、時の経過と共に湯量が減少し始めたといった問題により、かけ流しを諦めざる得なかったケースなども見られます。

“温泉に行く前に知っておきたいチェックポイント!” の続きを読む

日本の歴史に触れあえる京都の魅力はこれ!

伝統の祭りが楽しめます

京都には三大祭りがあります。華やかな昔の衣装を着た行列を見ることができる時代祭りと葵祭です。また、山鉾という木製の山車が巡行する祇園祭もあります。昔からの伝統を大切にしており、昔と変わらない様子を見ることができる点が特徴です。写真撮影をすると記念にもなりますよ。そのほかにも、夏には大文字の送り火があり、京都の夜空を山の頂上付近において炎で形作られた文字を眺められます。

“日本の歴史に触れあえる京都の魅力はこれ!” の続きを読む

国内旅行の思い出を残そう!写真撮影のコツ

風光明媚な観光スポット

国内には、山や海など自然が豊かで風光明媚な観光スポットが数多く存在しています。写真撮影に最適ですから、積極的にカメラに収めましょう。帰宅してから写真を見るたびに、楽しかった国内旅行を思い出せます。まずは、景観が美しい観光地をリストアップしましょう。中には、山の向こうに夕陽が沈む瞬間を撮影できる観光スポットもあります。さらに、崖の上から海を見渡せる絶景はとても人気が高いのでおすすめです。また、国内旅行をする季節について配慮することも大事になります。なぜなら、桜や紅葉など、観光シーズンならではの景色を撮影することができるためです。ほかにも、夏の花火大会や冬の雪祭りなど、季節感あふれるイベントもチェックしましょう。忘れられない国内旅行の思い出を残せます。

“国内旅行の思い出を残そう!写真撮影のコツ” の続きを読む

快適に国内旅行を楽しむために!気をつけたいポイントとは?

国内旅行は万全な体調で

国内旅行の計画を立てているなら、体調管理には十分に気をつけましょう。心身にストレスや疲労が溜まっている状態だと、旅行中に体調不良を発症する怖れがあるためです。出発日が近づいてきたら、暴飲暴食を避けて、良質な睡眠を確保するようにしましょう。また、旅行中に具合が悪くなる場合もありますので、無理はしないことが大事です。お酒を飲み過ぎたり、油っぽい食事が続いたりすると、心身の不調を招く可能性があります。旅行中も快適に過ごしたいなら、節制を心がけることがポイントです。もしも消化不良などを発症したら、薬を飲んだり、医療機関で診察を受けたりして、早めに対処することが大切です。ツアーに参加しているなら、できるだけ早く添乗員に伝えましょう。

“快適に国内旅行を楽しむために!気をつけたいポイントとは?” の続きを読む